冬の散財感想戦(1)

今日も服を買ってしまった。事務所に行く前に、わざわざ表参道で銀座線降りて、 開店直後のCOSへ行きました。月曜の午前中は空いてる。メンズの客は僕1人。昨日の日曜日はごった返していたので、ちょっと見て退散したのでリベンジなのです。でもSALEになってからは3回目の訪問。パンツ買いたいのです。お店ではもともと裾直ししないので、色と形が気に入って、サイズがあれば、買っちゃう。吊ってある品物を見ながら考えた。今年の冬の散財感想戦その1。

今年の冬も、なんだかいろいろ買ったなぁ。買い過ぎ。ネクタイ無しの黒または紺ジャケット&パンツスタイルがこの冬のマイ基本テーマ(そう、僕には毎シーズン、服装のテーマがあります)なので、そこからバリエーションを生むアイテムを買い足しました。グレーというか、ホームスパン調のウールパンツを1つと黒というか濃紺のタックがポケットに隠れて入っているパンツを選択。これは、昨日買ったadidasのスニーカーに合わせてみよう。

ここのところ、お休みの日に履くニューバランスがちょっとヘタってきたので、スニカーを物色していたのですが、昨日、美容院で雑誌を見ていたら、adidasのオリジナルスTubular Doomのビンテージホワイト&ソリッドグレーが良くって、すぐにサイトチェック。2016モノがSALEで、サイズもあり、直ぐに購入。しばらくぶりの白スニーカー。 (このadidas、届いてから気づいたのですが、ガンダムの足みたいに大きい。ブースターが着いてるのかしら。サイズより大きく見える。さて、履いてみたらどうだろう。)

LSD(ご存知だと思いますが念のため。Long Slow Distanceトレーニング)で痩せているところだから、シャツは買わない。 nanouniverseでコート買っちゃったし。あ、結局、コートは2枚買ったか。どれもブルー系。ESEMPLARE というイタリアのコート屋さん。凄くいい。クリーニング出せるかなと思いながら、フードの付いたダブル。なんとも言えないブルー。デニムっぽいテクスチャーだけど、表面はウール。裏地はポリエステル素材で縫い目には止水テープ。風を通さないから暖かい。

今日で終わりと、月末まで服は買わないと、冬空に誓って、事務所に向かいました。

さてと、お昼食べたら、裾直しに出そっと。明日、どのジャケットと合わせて、履こうかな。ん、待てよ、フードの付いたコート、着てみたいなぁ。あれ、また行くの?

感想戦と言ったけど、この戦い、勝ったのかな、負けたのかな。少なくとも勝ってはないね。「勝ったのはワシらではない。勝ったのはあの百姓たちだ」 by 島田勘兵衛